「武蔵写真館」オープンしました!

本サイトに「武蔵写真館」コーナーが新規に登場しました。 武蔵学園記念室に所蔵されている、学園創立期から現在にいたるまでの武蔵を語る写真を、「人物」・「施設」・「武蔵の自然」・「学生・生徒」・「行事」・「江古田の街」などのジャンルに分類し、キャプション付きで掲載しています。写真は今後、随時追加され、ジャンル分けもより細かなものに進化していく予定です。

なお、写真館の写真や説明についてのご質問やご指摘などありましたら、各写真のコメントボタンからお願いいたします。

また、ご提供可能な写真がございましたら、そちらもコメントでご連絡いただきたく、お願い申し上げます(僭越ながら、掲載・不掲載の決定については、学園記念室にて判断させていただきます)。

INFORMATION
2018/07/06Read me! コメントを書き込まれる方へ
コメント書き込みの前に、以下をお読みのうえ、次にお進みください。 ◎書込みについて 本サイトでは、以下の項目にコメントを書き込むことができます。 ・年表=年月日、事実の誤りのご指摘、追加したいできごと、ご質問 ・紀伝=誤植、事実の誤りのご指摘、ご感想、ご質問 ・武藏今昔物語=誤植、事実の誤りのご指摘。ご感想、ご質問 各項目に設置されているコメントボタンをクリックすると、別ウィンドウが開きますので、その指示に従って進めてください。 ◎返信とコメントの反映について ・いただいたコメントには、管理者(学園記念室)より受信した旨とその対応について返信いたします。(コメントが直接サイトに書き込まれることはありません) ・自動返信ではなく内容を拝見してからの手作業になりますので、返信まで2日程度かかることがあります。 ・誤植や事実の誤りのご指摘については、確認のうえ訂正いたします。その際、確認のため複数回メールでの確認作業を行う場合があります。 ・また、ご感想やご意見は、2023年度末に刊行予定の『武蔵学園百年史』編さんの参考とさせていただきます。 ・送信したコメントを取り消したい場合は、コメントした項目のところのコメントボタンから、取り消し依頼を送信してください。その際には、コメントしたときと同じメールアドレスから発信してください。 ◎メールアドレスとお名前について ・コメント送信時に使用されたメールアドレス、氏名は本サイトからの返信用以外には用いません。なお、その他の個人情報保護については本サイト最下段の「プライバシーポリシー」をご覧ください。
2018/05/25「武蔵学園百年史」特別サイトについて
本サイトは「武蔵学園百年史」刊行委員会が運営し、武蔵学園記念室が管理を行っています。 ■メニューの内容 ・INFORMATION――更新情報や百年史関連イヴェント情報を紹介。 ・武蔵今昔物語――いつの時代も瑞々しい武蔵学園今昔の教員や卒業生たちの物語を読みもの風にしています。インタヴュー記事もあります。 ・武蔵学園のあゆみ――現在は「学園記念室」サイトの学園史を簡潔に紹介していますが、「正史」の確定稿ができ次第、順次公開していきます。 ・武蔵学園史年表――1922年から現在までの精密年表です(随時追加掲載されます)。 ・武蔵学園史紀伝――人物、できごと、施設、教学、学生生活などをとりあげ、武蔵百年を多角的に描き出します。多彩な執筆者の署名稿です。 ・百周年記念事業――「武蔵学園百年史」の刊行以外の百周年記念事業を紹介。 ■コメントについて  各記事、年表内のボタンから、ご意見、ご感想をどなたでも本サイト管理者宛に送信することができます。受信後は管理者より順次返信いたします。なお、本サイトならびに「武蔵学園百年史」に関するご意見、ご質問は最下段の「お問い合わせ」から送信してください。
2018/05/25武蔵学園百年史特別サイトへようこそ! - 「とこしえに続く学びの水源をたどって」
1922年、日本最初の私立七年制「武蔵高等学校」として開学した学校法人根津育英会武蔵学園は、2022年4月に創立百周年を迎えます。これを記念する事業のひとつとして、本学園の正史「武蔵学園百年史」の刊行が2023年度中に予定され、その編さんがすでに開始されています。 「武蔵学園百年史」は「正史(編年)編」「紀伝編」「史料編(DVD)」で構成され、本学園の学びの水源とその流れをたどりながら、日本教育史のなかで果してきた役割をも記述し、一私学の校史にとどまらない未来にむけた「武蔵の学び」を問うものとして編まれます。 本サイトでは、「武蔵学園百年史」の編さんの過程や、関連する情報を随時お知らせし、卒業生、保護者、歴史研究者、さらには受験生、一般の皆さまによる、本学園の歩みへの理解を深める一助とするとともに、ご意見、ご感想をいただいて、より充実した百年史作成のために反映させていく所存です。 ぜひお気軽にご訪問ください。
to-top