宮本和吉校長・学長

宮本和吉校長・学長

(在職1946年2月18日‐1956年3月31日)

宮本和吉校長・学長(在職1946年2月18日‐1956年3月31日)、山形県出身の哲学者であり「哲学概論」などの著作、翻訳、雑誌編集など当時黎明期にあった哲学の発展に尽力した。東京農業大学教授、東洋大学教授、新潟高等学校教授を経て京城帝国大学教授を務める。山川黙第四代校長の退任後、武蔵高等学校長に就任する。
武蔵写真館 一覧
 
to-top