N002-1 濯川・秋

N002-1 濯川・秋

学びの水は永遠に

すすぎがわーー武蔵学園内を流れる約200メートルの小川。1696(元禄9)年、5代将軍綱吉の名で江戸城北部地域に水を供給するべく玉川上水から取水して千川上水が作られた。その8年後、農業用水として複数の分水が引かれ、その内の中新井分水の1本が濯川である。「武蔵讃歌」3番に「千草をわけてゆく小川」と歌われている。戦後、千川上水は下水となり暗渠となったため、現在は学園内で循環している。
武蔵写真館 一覧
 
to-top