平田東助評議員

平田東助評議員

(嘉永2年3月3日‐大正14年4月14日)

平田東助評議員(嘉永2年3月3日‐大正14年4月14日)、神奈川県出身の官僚・政治家。農商務大臣、内務大臣、内大臣を歴任した。7年制高等学校の制度が審議された大正6年の臨時教育会議では総裁を務めている。根津嘉一郎理事長は平田総裁に自身の教育事業への参画を求め、これに応じた平田総裁は一木喜徳郎、山川健次郎、北条時敬、岡田良平の四名を推挙した。
武蔵写真館 一覧
 
to-top