横井徳治教授

横井徳治教授

(在職1925年4月1日‐1987年3月31日)

横井徳治教授(1899年12月10日‐1995年3月14日 在職1925年4月1日‐1987年3月31日)、横井教授は1925年に東京帝国大学を卒業した直後、開校からまだ日の浅い武蔵高等学校に着任。学校制度が新制に移行してからも武蔵高等学校教諭、武蔵大学兼担教授として教鞭をとり、1965年に定年退職となってからも、さらに20年以上非常勤講師として指導にあたった。
武蔵写真館 一覧
 
to-top