国松孝二教授

国松孝二教授

(在職1930年4月1日‐1944年5月9日)

国松孝二教授(在職1930年4月1日‐1944年5月9日)、ドイツ語担当。武蔵高等学校を退職後は九州帝国大学教授、東京大学教授を務めた。ニーチェやゲーテの研究に携わり、数多くの翻訳がある。
武蔵写真館 一覧
 
to-top