正田建次郎第7代校長・第3代学長・初代学園長

(在任1965年4月1日-1977年3月20日)

正田建次郎第7代校長・第3代学長・初代学園長(在任1965年4月1日-1977年3月20日)、東京都出身の数学者。東京帝国大学理学部卒業。大阪大学総長を務めたのち武蔵大学長・武蔵高等学校中学校長に就任し、江古田キャンパスの再編、人文学部創設、大学院設置、学園長制度の施行などの改革を実現した。在職中の1977年3月20日逝去。
武蔵写真館 一覧
 
to-top