創立者 根津 嘉一郎
1860.6.15-1940.1.4(万延元年-昭和15年)
甲斐国山梨郡正徳寺村出身。山梨県会議員、衆議院議員等を経て、1905年東武鉄道社長、1908年日清製粉社長等、財界の指導者の一人として二十数種の事業経営に関わる。
1921年財団法人根津育英会を設立、七年制の武蔵高等学校を創設した。1926年貴族院議員に勅選される。 また、古美術の愛好収集家としても著名で、没後、その遺志を継いで日本、東洋を主とする収集品を公開するため根津美術館が設立された。
渡米実業団
日露戦争によって生じた日米間の対立を和らげるため、日米両国の実業界は民間の立場からの協力として、実業団の相互訪問を行った。まず、1908年10月に日本が米国太平洋沿岸の実業家を招き、次いで1909年8月米国実業界の招待を受けて、当時の日本財界を代表する一人であった渋沢栄一を団長とする総勢 51名の実業団が渡米した。メンバーの中核をなす15名の一人として、49歳にして既に卓抜の起業家・経営者と認められていた根津嘉一郎も選ばれていた。
公共事業の志
渡米実業団で全米53市を歴訪した根津は、後日、「彼の国にありては資産家と称せらるる者が何れも巨額の私財を投じて公共事業に力を尽くしつつある実情を視察いたしまして、深くその美風に感じ自分も微力ながら一日も早く社会の為に尽くしたいと云う念慮を強めた」と述べている。
そして、かねてから事業上密接な関係を保ち、かつ人として相信じあう間柄の宮島清次郎、正田貞一郎両人に胸中を打ち明け、以後、3人は折にふれてこの公共事業の具体化についての相談を繰り返していた。
宮島清次郎 (1879.1-1963.9)
東京帝国大学卒業。1919年日清紡績社長。
1947年日本工業倶楽部理事長、1949年日本銀行政策委員。
正田貞一郎 (1870.2-1961.11)
高等商業学校本科(後の東京高等商業学校)卒業。
1924年日清製粉社長。1942年東武鉄道会長。
1946年貴族院議員に勅選される。なお、美智子皇后の祖父にあたる。
七年制高等学校制度
第一次世界大戦の終結を目前にして、日本社会の国際的立場は大きく変化し、これに即して高等教育の拡大・充実が差し迫った国家的要望となっていた。 1917年(大正6年)設置された「臨時教育会議」において、帝国大学以外に官・公・私立大学設置を認めること、また、前期高等教育の担い手を、国立の高等学校・高等専門学校のみでなく、公立・私立にも拡げる方針が実現した。
1918年新たに公布された高等学校令では、高等学校は尋常科4年、高等科3年を本則とし、高等科のみ置くこともできるとされた。しかし、七年制高等学校の実現にはまだ時間を要することとなった。
本間則忠の観説
訪米見聞により公共事業の構想を練っていた根津が別府温泉で休養中の1915年12月、当時大分県理事官であった本間則忠が訪れた。本間はかねてからフランスのリセ、ドイツのギムナジウムのような「社会の中核となる人材を育てる」ことを眼目とする学校の創設について夢を抱いており、根津訪問の目的は、いずれ実現するはずの中高等教育を一貫する新制度高等学校創設に根津の力を発揮して欲しいという「熱誠なる勧め」であった。これに対し、根津も「全ク我意ヲ得タリ」と応じたという。
子爵平田東助の助言
根津、宮島、正田、本間の間で教育事業創設に関し考えが一致したところで、臨時教育会議総裁平田東助子爵の助言を仰ぐこととし、これを受けて平田は同会議における改革促進派であった一木喜徳郎(枢密顧問官)、岡田良平(文部大臣)および山川健次郎(東京帝国大学総長)、北条時敬(学習院長)の4名を顧問役として推挙した。以降、根津を中心としたこれらの人々がその後学校創立に至る約2年半の間、繰り返し協議を継続していった。
制度として認められた七年制高等学校の具体策がまだ混沌としたなか、一足早く根津嘉一郎の構想は着々と具体化され、1919年末には設立すべき学校として、「優秀ナル小学校卒業者ヲ入学セシメ、之ニ理想的ノ教育ヲ施シ完全ナル育成ヲ期スルヲ目的ト為スガ故ニ、出来ウル限リ長期ニ亙リテ在学セシムルヲ必要トスル」(一木喜徳郎)ところから、七年制高等学校とすることに決定した。
平田東助 (1849.3-1925.4)
大学南高、ロシア留学を経て、1875年にドイツのハイデルベルグ大学で学位取得。
帰国して内務省に入り、1890年貴族院議員、1902年男爵、 1911年子爵。
1917年臨時教育会議総裁。1922年内大臣、伯爵。
一木喜徳郎 (1867.5-1944.12)
東京帝国大学卒業。1894年同法科大学教授、1914年文部大臣
1917年臨時教育会議委員
1919年男爵
1925年区内大臣
1934年枢密院議長
1936年内大臣。
岡田良平 (1864.5-1934.3)
東京帝国大学卒業。
1901年文部総務長官
1904年貴族院議員
1907年京都帝国大学総長
1916年文部大臣
1929年枢密顧問官。
次弟は一木喜徳郎。
山川健次郎 (1854.9-1931.6)
会津出身。
東京の斗南藩学で英学を学び、米国エール大学で土木工学を専攻・卒業。
1881年東京帝国大学教授、1901年同大学総長、1904年貴族院議員。
九州帝国大学総長、京都帝国大学総長を歴任し、1915年男爵。
1917年臨時教育会議委員、1923年枢密顧問官。
北条時敬 (1859.3-1929.4)
東京帝国大学卒業。
1898年第四高等学校長
1913年東北帝国大学総長
1917年学習院長、臨時教育会議委員
1920年貴族院議員。
高等学校設立構想の公表
新しい高校設立構想がいよいよ具体化し、根津がその構想を報道機関に発表したのは1921年5月10日、次いで同年7月、根津の寄付金約360万円を基本金として財団法人根津育英会の設立を申請し、同年9月許可となった。国家、それも大日本帝国時代の国家が特に定めた新学制が、一私人の意志と貢献によって、一私立学校として最初に実現することとなったのはまさに異例のことであった。

朝日新聞記事「高等学校設立を目論んで」
(右より正田、根津、一木、宮島、本間の諸氏

朝日新聞記事「富豪根津翁が一世一代の大奮発」

根津育英会設立許可書

根津育英会設立認申請書(部分)

旧制武蔵高等学校
武蔵では尋常科一年生の入学を以って開校し、順次学年が増えて七学年揃って完成という方式をとった。高等科ができると共に、帝国大学を卒業して高等学校教授の資格を持つ人を教師として採用することになったが、このとき、武蔵のとった方針は、尋常科の教授、高等科の教授と区別せずに、誰もがどの学年も経験するように努めて配慮したことである。自ずとどちらが適任ということの色分けはできても、早い段階からアカデミックな傾向の強い授業に接することは、探究心の強い生徒たちに大きな影響を与えた。
校名・武蔵の由来
学校設立時に申請した名称は、当初「東京高等学校」であったが、文部省から新設企画中の官立七年制高等学校に「東京」の名を譲って欲しい旨の申し入れがあり、検討の結果、「武蔵高等学校」とした。「武蔵」の名は地名によるのみならず、「古事記」、「日本書紀」等のいわれによるものでもあり、当時の記録によれば、新たな校名に「戢武(しゅうぶ・武を収める)崇文」の平和主義を託した創立時の人々の思いが反映されている。
初期の入学試験問題
生徒採択に際しては、「特に学科成績に重きを置かず其素質の試験に注意したい」(一木校長)とし、入学試験は単に知識を求めるのではなく、「観察力」「計算力」「理解力」についてそれぞれ総合的・科目横断的な能力を問うものであった。なかでも、最初に観察力の出題を担当した和田八重造は実物を提示してその観察・考察を問う形式とし、これは現在もなお、中学入試に受け継がれている。
第一期高等科文科生 成績表
成績調査について、尋常科では定期試験を行わず授業の進捗に従って適当な区切りで口頭または筆答の復習を行い、これと平常の成績によって審査した。高等科からは学期末に定期試験を行い、その成績と平常の成績を合算して学期成績を審査した。

武蔵高等学校第一回入学生(大正11年)

旧制高校時代の授業風景

予餞会(卒業式)

「餞別の扇」
第3代校長の山本良吉は教頭時代から予餞会(卒業を祝う会)に自作の漢詩を予餞会場に貼り出していたが、1935年3月からは、扇に詩を墨書して卒業生に贈った。展示の扇は1936年3月の卒業生(8期)に贈られたもの。

[読み下し]
寒燈頻リニ剪ツテ燼堆ヲ成ス
節ハ立春ニ入レドモ春未ダ回ラズ
習々タル東風凍レルヲ消クノ日
濯江誰カ作ル百花ノ魁
鉱物顕微鏡
旧制武蔵高等学校の岩石学および鉱物学の講義で使用された。現在の偏光顕微鏡と仕組みはほぼ同じだが、偏光装置(ニコル)として方解石の結晶が使用されている。シンプルだがしっかりとしたつくりで、真鍮(しんちゅう)製の鏡筒である。

分銅、金属元素標本

旧制高校歴代校長 - 初代 一木喜徳郎
初代 一木喜徳郎 (在任 1921.12-1926.4)
東京帝国大学卒業。1894年同法科大学教授、1914年文部大臣、1917年臨時教育会議委員、1919年男爵、1925年宮内大臣、1934年内大臣。
第一回入学式の祝辞で根津理事長は、「徳望一世に高く学識内外に捗りて博く諸君の模範として仰ぐべき」「一木先生を校長に戴くことを得た」ことこそ、「生徒諸君に向かって最も祝福してやまざる所」であると述べている。
旧制高校歴代校長 - 2代 山川健次郎
2代 山川健次郎 (在任 1926.4-1931.3)
会津出身。現在の斗南藩学で英学を学び、米国エール大学で土木工学を専攻・卒業。1881年東京帝国大学教授、1901年同大学総長、1904年貴族院議員。九州帝国大学総長、京都帝国大学総長を歴任し、1915年男爵。1917年臨時教育会議委員、1923年枢密顧問官。
「古武士のような」とか「最後の武人」等と呼ばれることも多かったが、東京帝国大学理学部物理学科の基礎を築く等、科学者として冷静な合理主義者であり、これをもって、白虎隊生き残りの会津武士と、海外で開眼した合理精神に満ちた自然科学者とがある意味同居していたとも評される。
旧制高校歴代校長 - 3代 山本良吉
3代 山本良吉 (在任 1931.4-1942.7 うち、1936.2までは校長事務取扱)
東京帝国大学文科大哲学科選科修了。京都府立第二中学校教頭、第三高等学校教授、学習院教授を経て、1922年武蔵高等学校教授兼教頭。
開校時から一木、山川両校長の下で教頭を努め、次いで第3代校長として通算20年余、独自の信念をもって武蔵高等学校の「創生」に努めた。多筆かつ健筆で論客として知られ、著書は「中等教養」「国民の教養」等27冊に上る。
旧制高校歴代校長 - 4代 山川黙(しずか)
4代 山川黙(しずか) (在任 1942.7-1946.2 うち、1942.8までは校長事務取扱)
東京帝国大学理科大学卒業。慶應義塾大学予科教授等を経て、武蔵高等学校教授。
在任中、高山植物図鑑等を記し、生徒の教養に資した。また、1943年、二代、三代両校長の名をつけた山川賞、山本賞の制度を制定した。日本山岳会の創始者七人の中の一人で、同会の機関紙「山岳」の初期のものには旧姓の河田名で多くの寄稿が見られる。
写真

武蔵高等学校建築現場(1922.10)

武蔵高等学校建物全景

生物実験室

物理実験室

根津化学研究所
1936.6.15の初代根津嘉一郎翁の喜寿にあたり、祝の品は翁の意に沿って根津化学研究所を父兄会および同窓会から寄贈することになった。父兄会が化学研究所を選び、翁もこれを受けられたのも、玉蟲文一、都築洋次郎等の研究者に帰するところがあったためである。翁は直ちに研究所の管理を武蔵高等学校に移され、さらに、その研究維持のため自ら多額の寄付を寄せられた。

完成時研究所玄関前で

実験装置を見る根津理事長(中央)櫻井学士院長(左)山本校長(右)玉蟲教授(後)

皇紀2600年記念植林
皇紀2600年(1940年、昭和15年)の奉祝行事として、山本校長の考えもあり一時的な祝いではなく後に残るものとして、埼玉県入間郡高麗村の山林に檜約600本の記念植林を行った(同年11月9日)。山林は卒業生新井元彦氏から同家所有の山林約1万坪を譲渡されたものである。
戦時から学制改革へ
激しい個性を持って武蔵高等学校の創生にあたった山本校長が1942年に死去し、武蔵に新しい風が吹きはじめた。しかし新時代の1年間はたちまち過ぎて、戦争の烈化は生徒たちの生活を一変させてしまった。1944、45年の卒業生は高等科での授業日数の半分以上が勤労動員の日々であった。1945年8月15日、多くの生徒はその動員先、疎開先等で戦争の終結を知った。それからの学校の回復はかなり迅速で、9月17日には二部授業ながら授業が開始され、 10月15日にはその二部授業も解消することができた。新年早々1か月以上の食糧休暇、凄まじいインフレの進行、預金封鎖と新円への切り換えなど、敗戦の辛さがつのる一方、若者たちには新しい社会への希望も生まれていた。

1946年3月には米軍の教育視察団が来日して、教育改革の方向が次第に明らかになり、六三三四制の大枠が見えてくるなかで、旧制高校という制度が認められることは無理であった。教養課程だけの二年制カレッジを認めて、ここに半世紀以上の歴史を刻んだ高等学校の姿を残したいとする「カレッジ案」は敗北した。こうしたなかで、武蔵の行く道についての議論が活発化した。新制中学の設置を見送ったことも合って、高校・大学案が一次有力意見になりかかったが、 12、3~18、9歳の人間形成期の重要性の上に立つ建学の理想が強調された結果、中学・高校と大学という学園の骨組みが大方の合意を得た。1947年3 月、教育基本法、学校教育法が公布され、これらを受けて、1948年4月新制武蔵高等学校が開設され、翌年4月には武蔵大学が開設された。

鉄兜・ゲートル、校地に落ちた焼夷弾
生徒勤労動員記録
武蔵高等学校報国団誌(昭和16年文部省の指示で校友会を報国団と改めた)

武蔵大学
戦後の学制改革に応じて、旧制武蔵高等学校を母体として、新制武蔵大学・武蔵高校・武蔵中学が設立された。旧制高校教授会ははじめ文理学部開設を希望したが、法人の意向により、まず経済学部を開設することになった。
大学学長兼高校中学校長には旧制武蔵高等学校長の宮本和吉が、経済学部長には鈴木武雄が就任した。大学の教養課程の教育は旧制高校以来のスタッフが担当し、専門課程の教育は新しく学外から招くスタッフが主として担当することになった。また、校舎・設備は、旧制高校以来のものを新制大学・高校・中学が共用した。
大学がまず社会にアピールしたのは、旧制高校以来の優れた教育の実績であった。旧制高校共通の特色であった人格主義・教養主義の理念を教養課程の教育に活かし、専門教育過程においては専門知識を与え、同時に研究能力を発展させて、旧制高校以来の「三理想」を具現する人物を育てることを目指した。
教育の特色としては、「少数教育」を掲げ、ゼミナール・演習制度の充実、論文作成指導に力を入れ、指導教授制により教授と学生との交流を豊かにした。
大学開設10年の節目の1959年には経営学科が設けられ、20年の節目である1969年には人文学部(欧米文化学科・日本文化学科・社会学科)が新設された。大学院も1969年に経済学研究科、1973年に人文科学研究科が設置された。その後、人文学部から社会学科が独立して1998年に社会学部が新設された。
武蔵大学年表
1949年武蔵大学(経済学部経済学科)開設(1学年120名)。武蔵大学父兄会発足 医歯学進学課程(プレメディカル・コース)開設。学友会・自治会発足
1950年第1回四大学運動競技大会開催(この年は会場は学習院大学)
1953年「武蔵大学論集」創刊
1954年大学讃歌なる。高校・中学との共催から大学独自の文化祭へ移行
1955年武蔵大学新聞会発足。武蔵大学同窓会会則なる
1957年教職課程設置。四大学合同文化祭(1969年まで続く)
1959年経済学部経営学科開設
1960年父兄会が大学父兄会と高校中学父兄会に分かれる
1961年日本学生ゼミナール東京部会第1回大会開催
1963年学生の本部5団体の基本形できる。大学祭の名称を白雉祭とする
1965年第1回学内運動競技大会開催
1967年武蔵大学生活協同組合設立(1976年武蔵学園生活協同組合と改称)
1969年人文学部(欧米文化学科・日本文化学科・社会学科)開設
大学院経済学研究科修士課程開設(1972年博士課程開設)
1973年人文科学研究科修士課程開設(1997年博士課程開設)
1975年学長公選制実施(鈴木武雄学長)
1980年学芸員科程開設
1983年第1回武蔵大学公開講座開催
1991年臨時定員増(経済学部400→480名、人文学部350→450名)
1992年経済学部金融学科開設
1998年人文学部社会学科を基礎に社会学部開設。人文学部比較文化学科開設
1999年武蔵大学開学50周年記念式典開催
2004年社会学部メディア社会学科開設
2005年人文学部を英米比較文化学科、ヨーロッパ比較文化学科、日本・東アジア比較文化学科に改組
2011年人文学部を英語・英米文化学科、ヨーロッパ文化学科、日本・東アジア文化学科に改組
施設の拡充
大学は、はじめ旧制高校時代の建物を高校・中学と共用していたが、1953年大学校舎(新館)を建設した。経営学科設置後は、大学1号館、大学研究室を増設し、1951年建設の図書館を建て直した。人文学部は、高校・中学移転後の大学3号館(旧・本館)を主として利用した。武蔵学園創立五十周年記念事業としては他に学生会館、大学体育館が建設された。その後、学科の増設、学生数の増加、カリキュラムの変更に応じて、中講堂棟(現・大学2号館)、図書館棟、現在の大学4号館~大学10号館を建設した。

大学校舎 (新館、1953年落成。1959年以後大学2号館。2000年解体)

中講堂棟 (1980年落成。2010年以後大学2号館。1階は学生ホール・食堂)

教授研究棟 (1981年落成。)

図書館棟 (1981年落成。3階は人文学部総合研究室)

大学8号館 (2002年落成。8階は武蔵大学50周年記念ホール)

大学10号館(2007年落成。1階は学生生活課、大学保健室。2階以上は学生関係施設)

学生会館(1970年落成。1階は大学保健室、大学生協。2007年解体)

朝霞総合グラウンド(2010年)

武蔵の学びと交流
入学後、学生は講義を聞くと同時に自ら学び自ら考えることが期待された。考えを発表する場であるゼミ・演習は、開学以来必修であった。その活動は教室だけではなく喫茶店や屋外であるいは合宿で行われた。また、大学は開学後14年間、他大学の医学部・歯学部進学を希望する学生に教養課程の教育を行っていた。教員や学芸員の資格を取る学生のための過程も開設した。同時に大学は初期から市民への研究成果の公開に力を入れていた。さらに1980年代以降は学術交流を拡大させてきた。
入学から卒業まで

合格発表 1960年。開学以来近年まで続いた風景

入学式 単学部時代。1965年

ゼミナール 本館(現3号館)での経済学部のゼミ(1950年代)

演習 欧米文化学科での演習(1970年代)

ゼミ合宿 軽井沢青山寮での経済学部ゼミ合宿(1960年代)

演習 日本文化学科演習の実習(三重県海山町、速水林業の森で2000年)

第1回卒業生記念写真

第1回卒業式 1973年以後、卒業生は学長・学部長と握手をして卒業していった。

医歯学進学過程化学実験

教職課程 西多摩郡檜原村の桧原中学校での実習は毎日新聞で紹介された。1960年

学芸員課程 「伊能家所蔵品特別展」の展示を担当した。2004年

 
大学創立当初の諸資料
左より武蔵大学設置認可申請書、校章・徽章・バックル、学生証、入試要綱等、武蔵大学学生募集ポスター(1950年)
新制武蔵高等学校中学校
戦後の学制改革により、新制武蔵高等学校は1948(昭和23)年に開設、新制武蔵中学校は49年に発足した。旧制七年制高等学校の建学の理念を六年制の中学高校に受け継いでの再出発であった。
少数の選良校であった旧制高校との違いは歴然としてあったが、新制武蔵高等学校は、全国に数千誕生した高等学校のなかで埋没せぬよう、新たな時代の要請にこたえつつ理想の学校を目指して努力を重ねてきた。それは、旧制からの教授陣に気鋭の若き教員が加わり、武蔵の教育を形作るべく教師一人ひとりが自分なりのカリキュラムを作り上げ、お互い切磋琢磨することで学校としての独自の授業を形成してゆくという地味で時間のかかる作業であった。

そのようななかにあって1965年、学長兼校長として着任した正田健次郎が学園全体に活力を与える大方針「正田構想」を打ち出した。高校中学においても、社会的評価の高まりつつある状況下で、武蔵の進むべき道についてリーダーシップを発揮した校長の下、受験に傾かない教育本来のあるべき姿を追求し続けてきた。すなわち、教師集団は、一人ひとりの教師が授業の創造を軸に生徒と向き合い、個々の専門性を深めることと個性に基づく存在感を高めることに努力した。これにより、教師同士がお互いに学び成長しあう態度もまた醸成されていった。リベラルな議論の場としての教師会をはじめ、教員のみならず、生徒の関わる各種委員会においても自由闊達な議論の場が保障され、これが武蔵の活力の源ともなっていった。
手作り教科書
昭和30年代に入り、新制高校・中学のあり方を見据えるなかで、教師の一人ひとりが自分なりのカリキュラムを作成し、各課で独自の教科書作りや授業素材の選択等地道な努力が重ねられていった。
施設の拡充
1972年の創立50周年を控え、記念事業として江古田、朝霞キャンパスの総合的な整備が決定した。まず、1969年3月に高校中学の新校舎が落成、旧高校・中学校舎は大学3号館となった。次いで、旧制以来の体育館・集会所・白雉寮(双桂・愛日の2寮)と戦後の錬心館剣道場が取り壊され、1971年その跡に新体育館とプールが建設された。同窓会と父兄会の一体となった募金によるもので、1970年4月寄付金目録が正田校長に贈呈された。

1936年

2012年

新校舎落成(1969年)

新体育館(1971年)

プール(1971年)

図書館棟(2004年)

学校生活

授業風景 大坪秀二先生による数学の授業 1950年

授業風景 物理の授業・温度計の製作

授業風景

授業風景 松尾吉知先生による数学の授業

授業風景 横井徳治先生による英語の授業

校外授業 千川通りでの校外授業 奥に見える陸橋は環状7号線

校内での掃除

校外授業 河原での飯盒炊爨

学校山林の間伐 学校山林から間伐材を運び出す生徒たち 間伐材は鵜原寮の改築(1988年)に用いられた。

部活動 バスケットボール部

部活動 柔道部・右端は鍬守尊邦先生

部活動 地学部

部活動 太陽観測部

記念祭

記念祭

記念祭

記念祭

記念祭

強歩大会

生徒国外研修制度
旧制時代の外遊制度は戦争により自然消滅していたが、卒業生平田篤信氏(17期理科)の寄付を契機として募金活動が進められ、1987年「生徒国外研修制度」が制定された。翌1988年3月、第1回の研修生たちがドイツ(2名)、フランス(2名)、中国(1名)に短期留学した。第3回からは英国イートン校との交流も始められた。
山上学校・海浜学校
青山寮は老朽化により1980年7月の山上学校を最後に閉鎖され、代わって同年12月第二代根津嘉一郎理事長の寄付により赤城山上、大沼畔に新寮が完成した。新寮は青山の号を残し、「赤木青山寮」と命名された。
鵜原寮も老朽化により立て替えられることになったが、折しも学校山林の檜が二度目の間伐時期にあったため、これを寮の用材に充て、新寮は1988年6月に竣工した。
歴代校長・学園長 - 5代 校長 宮本和吉
5代 校長 宮本和吉 (1883.6-1972.10)
東京帝国大学文科大学(文学部)卒業。京城帝国大学教授を経て、1946.2旧制武蔵高等学校校長に就任、新学制とともに武蔵大学学長、武蔵高等学校・中学校校長に就任。1956.3武蔵を退任。その後、成城大学学長、同学園長を務める。
歴代校長・学園長 - 6代 校長 吉野信次
6代 校長 吉野信次 (1888.9-1971.5)
東京帝国大学独法科卒業。農商務省、商工省等を経て、1937年商工大臣、1938年貴族院議員、1955年運輸大臣。1956.4-1965.3 武蔵大学学長、武蔵高等学校・中学校校長。
歴代校長・学園長 - 7代 校長・初代学園長 正田建次郎
7代 校長・初代学園長 正田建次郎 (1902.2-1977.3)
東京帝国大学理学部卒業。ドイツ留学後、大阪帝国大学教授を経て大阪大学学長。1965.4武蔵大学学長、武蔵高等学校・中学校校長に就任、1975.4から武蔵学園長(新設)。この間、1969年に文化勲章受賞。
歴代校長・学園長 - 2代 学園長 大田博太郎
2代 学園長 大田博太郎 (1912.11-2007.1)
旧制武蔵高等学校、東京帝国大学工学部卒業。東京大学教授等を経て1978.4-1990.3武蔵学園長。(正田逝去後、大田就任までの一年間は武蔵大学学長・岡茂男が学園長事務取扱を努めた。)
歴代校長・学園長 - 3代 学園長 植村泰忠
3代 学園長 植村泰忠 (1921.4-2004.11)
旧制武蔵高等学校、東京帝国大学理学部卒業。東京大学教授、同理学部長等を経て1990.4-1998.3武蔵学園長。
歴代校長・学園長 - 4代 学園長 田中郁三
4代 学園長 田中郁三 (1926.1-2015.2)
旧制武蔵高等学校、東京帝国大学理学部卒業。1958年東京工業大学教授、1985年東京工業大学学長。1998.4武蔵学園長、2000.5兼学校法人根津育英会理事長。2006年3月退任。
歴代校長・学園長 - 5代 学園長 有馬朗人
5代 学園長 有馬朗人 (1930.9-)
旧制武蔵高等学校、東京帝国大学理学部卒業。東京大学総長、理化学研究所理事長等を経て、1998年参議院議員、文部大臣。2006.4武蔵学園長(現在)。2010年に文化勲章受賞。
to-top