駆逐艦「叢雲」の鐘

旧制時代

時鐘。これは、1905年の日本海海戦に参加した駆逐艦「叢雲」の鐘を譲り受けたもの。払下のため市川勇教授が1922年6月14日に横須賀工廠まで出張した記録がのこされている。学校の時鐘として、またのちには鵜原寮の時鐘として使用され、2020年現在は武蔵学園記念室で展示されている。
武蔵写真館 一覧
 
to-top