増井経夫教授

(在職1942年4月1日‐1953年3月31日)

増井経夫教授(在職1942年4月1日‐1953年3月31日)、旧制時代より東洋史担当として在職、1949年4月1日より1952年9月30日まで武蔵大学教授として東洋史・社会史を担当する。退職後は金沢大学教授となり、また講師として新制武蔵高校でも教壇に立った。
武蔵写真館 一覧
 
to-top