鈴木桃太郎教授

(在職1925年4月1日‐1931年3月31日)

鈴木桃太郎教授(在職1925年4月1日‐1931年3月31日)、理化担当。東京帝国大学卒業後すぐに武蔵高等学校教授に就任する。退職後は東京都立女子専門学校長、初代の防衛庁技術研究所長を務める。防衛大学校では初代の副校長を務めた鈴木教授を記念した賞も制定されている。写真は「われらの桃太郎先生」より。
武蔵写真館 一覧
 
to-top