P004-7 山本良吉

P004-7 山本良吉

鵜原寮下見

千葉県鵜原にて。右から浦部亀雄教授(国語)、緒方勝蔵専任講師(体操)、小野赳教授(英語)、山本良吉教頭、山川黙教授、村上喜三次専任講師(体操)。 山川黙教授が鵜原に別荘を建てられたころの写真と推測されるため、鵜原寮竣工の1928年以降、1929年ごろの撮影と思われる。山川教授は鵜原寮の奥の平地(おそらくは予算上購入がおよばなかった土地)が他者に渡るのを避けるべく、自費で土地を購入し別荘を建て、いずれ学校に寄贈すると山本教頭に約束した。これに感激した山本教頭はこの別荘に対し、温厚寡黙な山川教授の人柄から李白の漢詩の一節より「笑而軒」という号を贈った。1955年、この別荘は学校に寄贈され賓館として使用され、閉寮まで武蔵中学海浜学校の付き添い教員の宿舎になっていた。
武蔵写真館 一覧
 
to-top