ギャラリー一覧を開く

002 | 初代校長・一木喜徳郎

ギャラリー内の写真一覧

旧制武蔵高等学校時代関係

武蔵大学関係

新制武蔵高等学校・中学校関係

PK015-023
一木喜徳郎校長
一木喜徳郎(いっき きとくろう)初代校長(校長在任1921年12月25日‐1926年4月6日)。静岡県出身の法学者であり帝国大学法科大学教授を務める。「天皇機関説」の提唱者としても知られている。のちに政治家として貴族院議員、枢密顧問官、文部大臣、内務大臣、宮内大臣、枢密院議長を歴任する。大勲位菊花大綬章の数少ない受賞者である。
関連事項:
校長
一木喜徳郎
1920年代
旧制時代
人物
to-top