P003-1 山川健次郎

P003-1 山川健次郎

第二代 武蔵高等学校校長

やまかわ・けんじろう 安政元(1854).7.17-昭和6(1931).6.26ーー会津出身。現在の斗南藩学で英学を学び、米国エール大学で土木工学を専攻・卒業。1881年東京帝国大学教授、1901年同大学総長、1904年貴族院議 員。九州帝国大学総長、京都帝国大学総長を歴任し、1915年男爵。1917年臨時教育会議委員、1923年枢密顧問官。
「古武士のような」とか 「最後の武人」等と呼ばれることも多かったが、東京帝国大学理学部物理学科の基礎を築く等、科学者として冷静な合理主義者であり、これをもって、白虎隊生 き残りの会津武士と、海外で開眼した合理精神に満ちた自然科学者とがある意味同居していたとも評される。
大正10(1921)年ー昭和6(1931)年、財団法人根津育英会顧問、大正15(1926)年ー昭和6(1931)年、武蔵高等学校第2代校長。

略伝   会津若松の山川重固の三男として出生。明治3年東京の斗南藩学にて英学を学ぶ、4年米国に留学、エール大学で土木工学を専攻して卒業。8年帰国。9年東京開成学校の物理学教授補。14年東京帝国大学教授、我が国初めての物理学教授となる。19年理科大学教授。21年理学博士。30年高等教育会議議員。34年東京学士会院(後の帝国学士院)会員、東京帝国大学総長。36年東京帝国大学名誉教授。37年貴族院議員に勅選さる。40年私立明治専門学校(現九州工業大学)総裁。44年九州帝国大学総長。大正2年東京帝国大学総長再任(大正9年まで)。3年兼任京都帝国大学総長。4年男爵。5年学習院評議会会員。6年臨時教育会議委員、財団法人理化学研究所顧問。12年枢密顧問官。14年中央教化団体連合会会長。著述多数あり。
武蔵写真館 一覧
 
to-top