ギャラリー一覧を開く

005 | 創立間もないころの先生たち

ギャラリー内の写真一覧

旧制武蔵高等学校時代関係

武蔵大学関係

新制武蔵高等学校・中学校関係

PK003-038m
玉虫文一教授
玉虫文一教授(在職1924年3月16日-1949年3月31日)、理化担当。学者としての専門はコロイド化学であるが、武蔵高等学校においては物理・化学を合理的に融合した「理化」を科目として担当した。後に教頭(在任1948年4月1日-1949年3月31日)、また転じて東京大学教授を務める。東大を退官後は武蔵大学教授(在職1969年4月1日-1981年3月31日)となる。
関連事項:
教員
教頭
玉虫文一
1920年代
1930年代
1940年代
旧制時代
武蔵大学
人物
to-top