ギャラリー一覧を開く

006 | 第二代校長・山川健次郎

ギャラリー内の写真一覧

写真ギャラリー一覧

PS059-017m
山川健次郎校長
山川健次郎第二代校長(嘉永7年閏7月17日(1854年9月9日)‐昭和6年(1931年)6月26日)、福島県出身の物理学者、「白虎隊」の生き残りとして有名である。渡米しイェール大学にて博士号を取得、帰国後日本人初の物理学教授となる。東京帝国大学総長、九州帝国大学総長、京都帝国大学総長を歴任。北条時敬の紹介により、根津育英会の事業に初期から参画する。
関連事項:
根津育英会役員
校長
山川健次郎
1920年代
1930年代
旧制時代
人物
to-top