もくじを開く

Ⅵ 根津化学研究所

根津化学研究所

 本研究所の成立過程については既述(第・章中の「旧制武蔵高等学校時代」)したが,旧制武蔵高等学校附属の異色の研究機関として各方面からの深い理解と援助のもとに活動を続けてきたところ,1942(昭和17)年山本良吉校長の死去によってその精神的支柱を失い,さらに程なく戦争による様々な困難に遭遇した。しかし,建物と施設の大半は幸いに戦禍を免れ,終戦後のもっとも困難な時期においても研究は途絶することなく続けられた。48年の学制改革による新制武蔵高等学校の設置にともない,所長玉蟲文一は辞任し,その後は武蔵大学の学長が所長を兼務することになった。56年には第2代学長吉野信次の発議によって本研究所設立20周年記念の祝賀会が行われ,『根津化学研究所二十年史』が刊行された。74年には教授玉蟲文一は名誉所長となり,教授伊能 敬が所長代行を命じられた。82年以降,学園長が所長を兼務することになり,太田博太郎,植村泰忠,田中郁三に続いて,現在は有馬朗人学園長が所長を兼任している。建物については,88年に科学情報センター棟(大学9号館)が根津化学研究所上部に完成,さらに2011(平成23)年には内部が全面的に改修され,玉蟲文一教授の研究室を元の姿で保存するとともに,実験室はセミナーにも使える会議室に改装され,大学総合研究所等の活動の場ともなっている。

目的・事業

 本研究所は,設立当初から化学に関する基礎的研究を行うことを目的とした。規模も小さく,予算も限定されていたから,限られた特定の問題について特色ある研究を行うことを目的とした。また学園の附属研究所としての立場は,研究が教育と切り離すことのできないものであるという信条の上に置かれていた。本研究所自体は教育目的をもったものではなかったが,所員は原則的に武蔵高校か武蔵大学の専任教員であったから,常に教育と研究の二重の任務と責任をもって仕事に従事してきた。本研究所設立以来そこで行われた研究の成果が,いかに間接的に教育上の効果をもたらしたかを判定することは難しいが,それは僅少のものではなかったことは一般に認められるところであろう。

 本研究所の研究活動は上記のように,自由な選択による基礎的問題に向けられたのであるが,戦後の困難な経済状況のもとでは研究を継続するために財団の援助に依存することが許されなくなり,自給自足の道を講ずる必要に迫られた。1950年からしばらくの間,幾つかの民間会社からの委託研究に応じてその道を開いたこともあったが,そのために研究の本来の性格を傷つけるようなことはなく,むしろ本研究所で行われた基礎研究が技術面の応用に役立ったという立証が与えられた。最近は,武蔵大学,武蔵高等学校の化学研究室の連携で,二,三の基礎的問題の研究と同時に,化学教育の改善に関する研究を行ってきた。また,地域への還元という視点から,公開セミナーの開催,国際化学オリンピック関連事業への協力など,社会貢献活動も活発に展開している。

研究成果

 本研究所の研究成果については,前記『根津化学研究所二十年史』の中にその当時までの研究論文の目録が記されている。その後の研究成果も合わせて,その関係範囲を大別すると

 1.界面およびコロイドの物理化学

 2.有機化合物の構造と反応(特に色素類・界面活性剤)

 3.液晶の物理化学

 4.液滴表面の理論的解析

 5.フミン酸などの天然有機物コロイドの地球化学

 6.放射化学(アクチノイド化学,核分析化学,環境放射能)

 7.化学教育(視聴覚教材,化学教材,実験教材の改善)

となる。最近では,5~7に関する研究が充実しており,その成果は学会,学術誌などを通じて公表されている。

公開セミナーの開催などの社会貢献

 1999年(平成11)年より,根津化学研究所または武蔵大学の主催(日本化学会共催)による公開セミナーを開催してきた。小中高校の教員や教職課程の学生の参加による指導者養成の実験講座,環境科学に関するコロキウムを適宜実施している。さらに玉蟲文一生誕100年セミナーを,98年を第1回として化学史,化学教育,物理化学(コロイド・界面化学)の順で3年にわたり開催した。

 2010年,12年には国際化学オリンピック代表候補の選抜や強化の場としても活用された。

  • 武藏のあゆみ
to-top